MENU

化粧下地とは?

化粧下地というと、メイクをする直前に塗る「皮脂崩れ防止液」やカバーリングのための「メイクアップベース」を指す場合もありますが、本来は、ファンデーションを塗る前に肌を整える「洗顔」「化粧水」「美容液」「クリーム」「サンスクリーン」などすべてを意味します。
ここでは、基本的に、本来の意味での化粧下地についてお話します。

肌に優しくなければいけない理由

化粧下地とは、形状は液体、クリーム、ジェル、パウダーなどいろいろありますが、言うまでもなく皮膚に直接触れる製品です。しかもそれらの化粧下地はほぼ毎日使うわけですから、刺激のある成分はもちろん、肌にあわない成分でも皮膚にはダメージが蓄積します。
特にアトピー肌、敏感肌、乾燥肌など、デリケートな皮膚の方は注意が必要です。
そういった人は、化粧下地選びも、値段の安さではなく、成分の安全性にポイントをおくべきです。

どんな化粧下地が肌に優しい?

どんな化粧下地が肌に優しいと言えるのでしょう。
「肌を整える」「肌の汚れを取り去る」「肌トラブルをカバーする」…など、さまざまな目的が化粧下地にあり、それに応じた成分が配合されていますが、まずは、その成分から刺激のつよい成分を避けることです。
また、一般的に刺激が少ないとされていても、肌に合う合わないでトラブルになることもあります。
そういう時には、トラブルが生じたときに使っていた化粧下地の成分をメモしておき、なにが合っていないか、見当をつけておきましょう。

 

保湿とバリア層サポート

健やかな肌のためには、なんといっても欠かせないのが保湿です。
それについて、どんなコンセプトでどんな成分が配合されているのかはチェックしておきたいポイントです。

 

さらに、忘れがちなのが、皮膚のバリア層へのアプローチです。
バリア層を剥がしてしまうような配合は論外ですが、できれば、バリア層そのものをサポートしてくれる働きが欲しいところです。
これも各社によってコンセプトやアプローチが異なるので、チェックしておきましょう。

更新履歴